沖縄ダイビング Blue×Blue okinawa

沖縄Funダイビング

Funダイビング

沖縄ダイビングスクール

ダイビングスクール

沖縄体験ダイビング

体験ダイビング

ジンベイダイビング

ジンベイダイビング

青の洞窟シュノーケリング

青の洞窟

沖縄ホエールウォッチング

ホエールウォッチング

お役立ち情報

海のTシャツ屋 82ca
沖縄の天気






   トップページへ戻る
沖縄FUNダイビング

ご予約いただきまして誠にありがとうございます。

ここでは初めて当店をご利用されるお客様に、基本的な1日の流れ、注意事項をお知らせいたします。
また、海洋状況その他でイレギュラーも発生する場合もございますが、基本的なものとご理解いただければ幸いです。

また、ここに上げた以外でもご不明な点・ご質問等ございましたら、何なりとご連絡ください。

前日のご連絡と準備

8時頃にお迎え、港に向かいます。8時半前に出港し、終日海の上で港に戻るのは3時〜4時頃となります。その後ショップでログ付けをし、ホテルへお送りします。

前日夕刻に翌日のpick up の時間をご連絡します。また、移動中等で連絡が取れない場合はお客様からのご連絡をお願いいたします。
電話 098-988-3603

服装: ウェットスーツの方は、下に水着着用の上、ビーチサンサルで集合。 ドライスーツ着用の場合も、船上は滑りやすいので靴ではなくビーチサンダルが望ましいです。          

持ち物:着替え(もちろん行く時に着ていた服でOK)、バスタオル、ログブック、Cカード。その他必要なもの−例えばお茶はありますが好みでペットボトル等飲み物を持ち込む方も多いようです。

安全管理のため、フロートの携行をお薦めします。

夏は日焼け止めをお忘れなく。

冬はボートコートなど防寒できるものをお持ちください。

器材:メッシュバッグに入れてご持参ください。

上記の手回り品は別のバッグで持ち込むと便利です。

昼食:お弁当はホテルからのpick up 後、コンビニに立ち寄ります。

お茶は船にも備え付けられていますが、それ以外の紅茶やコーヒーもご用意しています。また飲料用のお湯も持ち込みますので、カップ麺やスープ等のお湯の必要な食べ物にも対応可能です。

午前中2本のダイビング後に昼食、午後1本潜って帰港となります。慶良間の場合、3本潜る方が多いですが、その日の体調次第で何本にされるかをスタッフにお伝えください。

精算はダイビング終了日にまとめて行います。カードご利用不可、現金のみでのご精算となりますのでご留意ください。 

事前にショップに器材をお送りいただくことが可能です。また、終了後、ショップから宅急便でお送りすることも可能です。完全乾燥させてからお送りいたします。

ダイビング当日

前日の打合せのお時間にお迎えにあがります。

乗船後、器材セッティングを行います。朝船でセッティングを置いた場所がその日の本人の器材を置く場所となります。(チーム毎セッティング場所を決めている。)

着替え等の大きな荷物は船首のドライルーム(キャビン)へ入れ、必要なモノ(日焼け止めや飲み物、カメラの電池等)だけご自身の傍にお持ちください。   

器材セッティング終了後、出港前にウェットもしくはドライを腰まで着てしまいましょう。(船が動いてからだと不安定で動きにくくなります。)2階のデッキでも1階でも好きなところにお座りください。慶良間までの所要時間は1時間程度です。(ポイントが慶良間の東か西か、によって違います。近いところで45分、遠いところだと1時間15分位。)

船酔いが心配な方は、ホテル出発の前に酔い止めを飲まれるといいでしょう。

船内ではカメラの水没チェック用の水桶がないので、必要あればホテルで事前に行っておいてください。

ダイビング終了後、器材をメッシュにしまい、船でシャワーを浴びて着替えます。

帰路は乾いた服装で那覇へ戻ります。

帰港後、ショップへ帰って器材洗いとログ付けをし、その後ホテルへお送りします。

だいたい4時半〜5時半頃が目安です。

翌日もダイビングがある場合は器材はショップでお預かりします。

サイトマップ

最新情報

B×BブログAZブログ

What's Blue×Blue

ここが違う!!ブルー・バイ・ブルー
Blue×Blueスタッフ紹介
Shop案内
沖縄ダイビング水中写真
お問い合わせメール
BBS
料金表

Blue×Blue okinawa

【ブルー・バイ・ブルー おきなわ】
〒900-0002
沖縄県那覇市曙2-14-15-1F
TEL098-988-3603
FAX098-863-8634
mail:info@blue-by-blue-okinawa.com




































このページのトップへ
沖縄ダイビング Blue×Blue okinawa
Copyright(c) Blue×Blue okinawa. All rights reserved